036011

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
掲示板・Diary

1AIと恋愛  / 2アプローチ  / 3思考の欠損  / 4我が創作の根底  / 5改憲論議  / 6京マチ子逝く  / 7半減  / 8CO2  / 9「平坦」ではなくなった  / 10バッハ「世俗カンタータ」より  / 11ドゥダメル  / 12座産土偶  / 13改正憲法  / 14神  / 15真理はない  / 16無  / 17メンデルスゾーン『交響曲第2番』  / 18don  / 19道元  / 20琴とオーケストラの協奏曲  /



[ 指定コメント (No.3224) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ AIと恋愛 投稿者:龍門 歩  引用する 
 <生物が示す基本的な特質と考えられているもの。自己を維持するための代謝,自己増殖としての成長,同型のものを再生産する複製,外界への反応性と適応性などの特質をあわせもつ物質複合体あるいは個体の状態をいう。>(コトバンク)

 ほとんどの生物は異性を「選ぶ」。素粒子すら対の素粒子を「好み」で選ぶらしい(たとえ話)。オスは自分の遺伝子を継続させるために、生殖以前から熾烈な「闘争」を行っている。人間以外の生物は、その種にとって、どちらかと言えばメスが、種の繁栄に役立ちそうな相手を選ぶようだ。ライオンのメスは、たてがみの黒い、体力的に勝ったオスを選ぶという。
 人間のオスもその例に漏れないが(自分の精子たちすら卵子に到達するために競争するという)、人間の場合は他の生物のように簡単ではない。見た目、職業、金銭、将来性、そして強い嗜好(たとえば暴力的なオスに強く惹かれるメス)等々、必ずしも「種の保存」が選択基準にはなっていないと思う。だからこそ「恋愛」という概念が生じた。そして、悪知恵があるだけに、確実に「自分の遺伝子」だけを残すために「結婚」という形式を編み出した。

 記事にあるように<恋愛しているとの「幻想」さえ抱ければ、エージェント(代理になるモノ)相手でも恋愛は十分、成立する>だろうか? 
 もしそうなら、「同型のものを再生産する複製」するのが「生物」なのだから、もはや生物では「ない」ということではないのか? 
 また、<セックスでも、VR用のヘッドセットで映像を見て、触覚などの感覚をシリコンでつくられた成形で満たせば、人間との行為同様の満足感が得られる>だろうか? もしそうなら、断言する藤井直敬さんは、生身のパートナーとのセックスと、「シリコンでつくられた成形」とのセックスを経験したうえで結論を出したと思われる。
 だいいち、「セックス」は、器官と器官の交合だけのことなのか? たとえばオスは、シリコンの器官に「射精」すればそれで満足感を得られるのか? メスはシリコンの男根が挿入され、擬似射精で充足感を得られるのか?
 僕は「シリコンでつくられた成形」で「セックス」したことはないが、生身とシリコンと比べられるとは絶対に思わない。たとえば「妊娠」の可能性や危機、その時その瞬間のお互いの精神的肉体的条件や、更にはさまざまな「性の儀式」という多様な人間の「セックス」が「シリコン」相手で成立するわけがない。
 村田沙耶香さんは<出会い、恋心が生まれ、交際して結ばれるという形態は、西洋でもたかだか200年程度の歴史しかない>というが、勘違いも甚だしい。また、<そもそも恋愛において人間が求めているのは、性愛も含めた陶酔感や精神的安定に過ぎない。人間同士である必要は本来、ない>と述べているが、それはたぶん、鉄器によって性的エクスタシーを得られる人のような「フェティシズム」の部類に属するだろう。
 たとえば『万葉集』の数々の歌、『源氏物語』や歌舞伎、近松門左衛門の作品などでわかるように、日本にも「恋愛」があった。西洋にも無数の神話や、シェークスピアの作品でも分かるように、はるか昔から恋愛はあったのだ。日本では「傾城」といわれるほど男女の強い結びつきがあり、西洋では古いオペラなどでもほとんどが「恋愛」がらみのストーリーだ。
 人間同士である必要があったからこそ、人間社会における無数の「ドラマ」が生まれてきた。けっしてAIなどでは代替できない領域の一つが、「恋愛・性愛」なのだ。このように思うのは、僕が古い世代だからだろうか?

2019/08/30(Fri) 12:32:51 [ No.3224 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -