027150

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
掲示板・Diary

1AIと恋愛  / 2アプローチ  / 3思考の欠損  / 4我が創作の根底  / 5改憲論議  / 6京マチ子逝く  / 7半減  / 8CO2  / 9「平坦」ではなくなった  / 10バッハ「世俗カンタータ」より  / 11ドゥダメル  / 12座産土偶  / 13改正憲法  / 14神  / 15真理はない  / 16無  / 17メンデルスゾーン『交響曲第2番』  / 18don  / 19道元  / 20琴とオーケストラの協奏曲  /



[ 指定コメント (No.3214) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ ドゥダメル 投稿者:龍門 歩  引用する 
▽エマーソン弦楽四重奏団
 ドゥボジャーク『弦楽四重奏曲 ト長調』
 堅牢で安心感を抱かせる解釈で、しかも古さを感じさせない演奏。

▽ベルリンフィル・ヨーロッパコンサート2012
 指揮=グスターボ・ドゥダメル
 1曲目・ブラームス『ハイドンの主題による変奏曲』はちょっと動きが硬かった。2曲目『ハイドンチェロ協奏曲 第1番』はチェロ奏者のカプソンの実力も発揮され、リズミカルな第3楽章で締めくくった。3曲目は『運命』。この演奏は、僕がこれまで最高と思っていたカルロス・クライバーのそれよりも、録音の良さと相まって濃密で深い演奏となっていた。

▽ウィーンフィル/シェーンブルン夏の夜のコンサート2012
 これもドゥダメル指揮。「舞曲」中心のプログラムだったが、聴く側としてはなんとなく乗り切れない演奏だった。それと、花火を打ち上げたり、LEDを使った過剰なライティングを行なうなど、音楽に集中できない環境にしてしまっている。

2019/05/05(Sun) 17:53:33 [ No.3214 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -